腸内細菌

悪玉菌が増えると有害物質が発生

内に生息している細菌の数は100兆個以上と膨大ですが、その内の悪玉菌が増えると害のある物質を生成します。
悪玉菌の活動を抑えるためにも乳酸菌を積極的に補給しましょう。

悪玉菌、善玉菌という言葉がありますが、実際に悪玉菌は悪いものなのでしょうか。

まず、人間は生まれてすぐから、腸の中に最近が住み始めます。

そして、成長するにつれどんどんとその種類、数が笛、その菌は前記した善玉菌と悪玉菌とに分類されます。

そしてこの悪玉菌は、人間にとって有害な物質を生成する原因となるため、”悪”玉菌と言われています。


この有害物質はタンパク質を腐敗させてつくられるため腐敗物質とも言われ、アミノ酸から作られるアンモニア、タンパク質から作られるインドール、
パラ・クレゾールなど、元となるものによって作られる物質も違いますが、それぞれ肝臓の病気や発ガンを促す原因となるとされ、
人体に悪影響を及ぼすものばかりです。

また、オナラが臭いのは腸の調子が良くないせい、と言われるのは、この悪玉菌が作り出す有害物質インドールやスカトールが悪臭の原因となっていると考えられます。



では、このように体に対して悪影響を及ぼす悪玉菌ですが、数を減らすためにはどうしたら良いでしょうか。

その答えは非常に単純明快で、とにかく善玉菌を増やすことです。
人間の体内に存在可能な悪玉菌と善玉菌の数がは決まっていますが、善玉菌が増えればその分悪玉菌は減りますし、
善玉菌が優勢となれば悪玉菌の有害物質を生成する作用も抑えられます。


そして、善玉菌を増やすのも、毎日の少しの心がけを続けることが大切なだけであって、難しいことは全く必要ありません。

よく言われるヨーグルトや乳酸菌飲料で善玉菌を元気にしてあげることも必要ですが、悪玉菌の好物であるタンパク質・脂肪を控えめにした食事を心がける、
善玉菌の餌となる食物繊維をしっかりとるなど、食生活全体を見直し、その改善を日々積み重ねていくことが大切です。

健康な腸内は健康な体、健康な生活へと繋がります。
意識的に善玉菌を増やす食生活で、生き生きとした生活を手に入れましょう。
乳酸菌の働き方の仕組みについても合わせて参考にご覧ください。