腸内細菌

体内に生き残りやすいラブレ菌

腸内環境を整えてくれる善玉菌。その代表でもある乳酸菌の一種ラブレ菌は生命力が強く、生きたまま腸に届きます。
そんなラブレ菌がもたらす効果と、発見までの歴史を紹介します。

「生きて腸に届く乳酸菌」というキャッチコピーを何処かで耳にしたことがあるのではないかと思いますが、それは一体どういう意味なのでしょうか。

乳酸菌にも様々な種類がありますが、ほとんどの乳酸菌は食べ物として摂取され、胃や十二指腸を通過していく過程で胃酸や腸液によって死滅してしまいます。

しかし、乳酸菌の中にも生命力の強い種類が存在し、その内の一つがラブレ菌です。


この乳酸菌の一種であるラブレ菌は、正式名称が「Lactobacillus brevis subsp. coagulans」と、とても長いので、ラブレ菌という略称で呼ばれることがほとんどです。

そしてこのラブレ菌は、日本人にとっては非常に身近な漬物から発見された植物性の乳酸菌です。

発見したのは日本人の科学者で、京都の男性が長寿であることに目をつけて乳酸菌を探したところ、京都の伝統的な漬物である「すぐき漬け」から発見することになりました。

しかし一部のすぐき漬けからしか発見されなかったすぐき漬けが優良乳酸菌であることを証明しようとした発見者の岸田博士は、
日当薬品工業と協力してラブレ菌の大量培養、人体の免疫活性作用の可能性を追求する研究のために用いられました。


ただしこのラブレ菌、生き残りやすい乳酸菌とは言え、元々の善玉菌の存在があるため摂取しても一日から数日の内に体外に排出されてしまいます。

なので、ラブレ菌を定着させて乳酸菌の効果が得たいと思ったら出来る限り定期的に、できれば毎日何らかの形で摂取することが有効的です。


もともと発見されたのはすぐき漬けですが、中々手に入れにくい人も多いでしょうし、また毎日摂取するのは難しいかもしれません。

幸いなことに、岸田博士が培養研究したために、今でも私達が手軽に手に入れられる乳酸菌飲料やサプリメントによってラブレ菌を摂取することができます。
数種類の乳酸菌が組み合わされているサプリメントはたくさんあります。
ラブレ菌以外の種類も一緒に摂ることができるサプリメントは忙しい現代人からとても人気を集めています。

腸の調子を整えて、健康な生活と美しい体を手に入れるために、日本生まれの身近な有料乳酸菌ラブレ菌を試してみてはいかがでしょうか。
▼もっと詳しく乳酸菌について知りたい方はこちらをご覧ください。