腸内細菌

健康な体づくりは体内環境から

健康な体づくりにも様々な方法がありますが、運動やビタミンサプリメントだけでなく、乳酸菌を増やすのも有効的な方法です。
乳酸菌で腸内環境を整えて健康な体をつくっていきましょう。

健康のために大切なのは免疫ですが、体全体の免疫を作る作用が腸にあり、腸管免疫と言われます。
つまり、腸の調子が崩れ免疫作用が弱まることで、体全体の免疫にも影響を及ぼすことになるということです。

そして、腸は口によって直接外界と繋がっている器官です。
そのため、外界から入ってくる食物やまたそれ以外の物質も、それらが体にとって有用であるかもしくは有害であるかということを判断し、
拒否もしくは吸収するための大切な器官でもあります。


腸は「第二の脳」とも言われますが、これは脳内物質であるセロトニンが腸にも存在し、また体内のセロトニンのほとんどを腸が作っているということ、
そして実際に腸は前記のような、外界から入ってきた物質に対する良い悪いの判断を脳や脊髄の命令がなくても反射的に行える唯一の臓器であるということから
言われるようになったようです。


健康な腸内環境とは、若い時のような状態、つまり善玉菌が悪玉菌より多く優勢である状態です。
腸内の善玉菌が優勢であれば、有害物質を生み出す悪玉菌の働きは抑制されます。
そうして健康な状態の腸が保たれると、有害なものが腸に感染されるのをきちんと防ぎ、免疫の活動が活発になり、また消化を促進することで栄養素の吸収は良くなり、
更に余分なものの排出がすばやく行えるなど、体にとって良いことばかりです。


このような健康的な腸を手に入れるためには、善玉菌を増やせばよいのですが、善玉菌を増やすためには日々の生活を改善することが必要になってきます。
お肉や加工食品を控えた食生活、しっかりと睡眠と運動をとる、そして最も大事なのは精神的なストレスを抱えないことです。
ストレスは人間の脳や情報伝達を抑制することにつながり、腸の消化の働きや便意など、様々なところに影響が出てきます。
腸の働きが悪くなれば、自然老廃物が体に溜まってしまって悪玉菌が増え、それによって更に腸の調子が悪くなるという悪循環に陥ってしまいます。

健康な生活から健康な腸をつくり、そして健康な体へと繋げていきましょう。
▼こちらのサイトにも乳酸菌について詳しく書いてあります。